無題

めっきり寒くなったから頭に浮かんだことを全部殴り書く

論文じゃないから読みやすさなんて知らねえ

難しい横文字は知らないし使えない

季節の変わり目って大変だ

人間の体とか心とか、そういうもんは、許容範囲を超えた変化にはついていけないもんだ

嬉しい変化にしろ、悲しい変化にしろ、どっちにしろ。

冬は別にきらいじゃない

アイスが美味しいから

夏に濃いめのアイスクリームを食べると血管が詰まる、最悪の場合死ぬ、そうすると幸せな人はお母さんとかが悲しんでくれる、らしい

身近な人が死んだことがないから、この歳になって死というものに初めて真剣に向き合った時に、悲しめるんだろうかという不安を抱えて生きてるけど

流石にアイス食べて死んだら悲しむに悲しめないな

ところで最近は、言葉について考えることが増えた、かなり増えた

人類の最大の発明品であり最大の凶器であるのが言語だ、便利だ

自分の気持ちを言語という道具に置き換えて具体化する

そうして生まれるのが言葉だ

中身のない、音でしかないものは、言葉ではない

というのが今のところの結論だ、浅いな。

「永遠に君を守る」

「死ぬまで君を守る」

死んだら守れるわけないし(幽霊とかは信じないタイプだから)、永遠ってのはつまりその人の死ぬまでのことなんだろう

だから2つとも言っていることはほとんど同じだ

でもなんとなく、僕は後者の方が生きた言葉だと感じる

あなたはどっち

気持ちを言語に当てはめるのはちょっと怖い

1度当てはめると、頭の中でそれが固定されてしまうような気がするから。

ひとたび「悲しい」と思ったら、「なぜ悲しい?」と考えることはあっても、「これは本当に『悲しい』なのか?」と考えることはほとんどない

少なくとも僕はこのことに気付くまで考えたことはほとんどなかった

その気持ちが本当は「悲しい」じゃなかったら、「なぜ悲しい?」を真剣に何日考えたところで、欲しい答えは出てこない

ある意味後戻りできないような、そんな怖さがある

文字に出したり、口に出したりするのはもっと怖い

口に出すと、その気持ちと言葉の存在が、現実になってしまうから

現実になったら、もう戻せないから

間違っていることに気づいても、それでいくら訂正をしても、口に出した過去は戻せないから

だからどんな言葉でも、本当は同じように口に出すのは怖かったはずなんだ

だけど

「好きです」と伝えるのはものすごく怖いのに

誰かを傷つけるような言葉を吐くのは、そんなに怖くなかったりする

それは多分、

【自分が傷つくこと】が怖いだけ、だから

そう思うとあの時の震えとか、心臓の速さとか、

それら全部、自分が可愛いって気持ちの表れだったんだ

じゃあ本来あるはずだった、【言葉そのものを口に出すときの怖さ】みたいなものは、どこいっちゃったんだろう

いつか感じられるのだろうか

もしかしたら、自分が死ぬ時の最期の言葉を口に出す時、そんな怖さを感じるのかもしれない

何を考えても結局、たどり着くのは、

「ああ俺っていつか死ぬんだな」

ってところだったりする

いつか死ぬから、生きている今のうちになるべくたくさんのものをなるべくたくさん大切にしようという感情と、どうやったっていつか死ぬんだから、別に適当でいいかという投げやりな気持ち、その間でフラついているけど、

今を出来るだけ大切にできない僕に、明日なんてなかったみたいだ

灰色

中途半端が嫌いで

でも曖昧がちょうどいいときもあって

有耶無耶にしているのは自分なのに

どこかずっともどかしくて

届きそうなところにあるあれは

実は手で触れたら消えちゃうものだったりして、とか考えたりしている

クソポエマー

トイザラスデートをしました。

日記という日記を初めて書きます

写真貼るだけだけど

親への感謝と童心は忘れるなということで、失いかけていた童心を取り戻すために、トイザラスデートを敢行しました。

※トイザラスとは

ーーートイザらス は、世界展開している玩具大型量販店のチェーンストアである。 正式な英語表記は「Toys“R”Us」である。ただし、ウェブサイト等では「Toys"R"Us」と表記することもある。看板などのロゴは「TOYSЯUS」表記だが、2007年のロゴ刷新までは「TOYS“Я”US」だった。

(出典:Wikipedia)

これは事あるごとに喋っているんですが、

子供の頃って

おもちゃ=超高価=大人にしか手の届かない神聖なもの

ってイメージがありません?なんとなく

でも少しだけ成長して、バイトとかして、改めて値段を見ると、思っているほど高くないんですよね

『5時間働けば消防車買える…!』

『2時間でベイブレード3個…』

『夜勤一本で恐竜買えるのか…』

ってな感じで。

というわけで、隙あらば何か買ってやろうという心持ちでいざ入店

四十肩の変形型プラレールロボット

戦えないレベルで肩の塊が邪魔

肩、上がらなそう

ベイブレード

今のベイブレードって、当たると部品が飛び散るらしいです

友達と遊んで、どれがどっちの部品かわからなくなったりしそうだな

なんて細かいことを気にしたら、それは童心を失いかけている証拠です

謎の盾

ありがち。

謎の弓矢

お祭りのクジの4等くらいでよく見る

謎の盾

600円に預ける命

リカちゃん

なかよしカーニバル

お人形用・病院セット

救えない命も

当然ある

恐竜のラジコン

・専用コントローラーで動かすタイプ

iPhoneをコントローラーにするタイプ

の2種類

ちなみに展示品は、誰の命令もなく、ただ動き続けています

f:id:mijukunaody:20170719222019g:plain

ポケモンカード

魔が差して、購入

店員さんが不慣れだったのか、レジに行って現物を出して貰うまで、結構ドタバタしていて、申し訳ない気持ちになりました

ルカリオが一番嬉しかったです。

ディズニープリンセス達の人形

キューティクルが壊滅的

目がデカめなぬいぐるみ

『そりゃこんなんで遊んで育ったらsnowで目デカくしたくもなるわ』

ヘアアレンジ用生首

まるで1週間くらい風呂入ってない奴の髪の毛。

少なくともうちの地域では、小学生の100人に1人くらいがマジでこんな髪質してる。

メルちゃん

およそ両の親指のみでカレーライスの乗ったトレーを運ぶ。

鉄腕幼児

シルバニアファミリー

幸せな日々

終わりの時は

突然やってくる

大魔王・メルの魔法によって身ぐるみを剥がされ、獣の姿へと還される、ファミリーたち

彼らはもうそれまでの彼らではないのだ

育児放棄

児相案件

埋まるメロンパンナちゃん

犬のおもちゃ

PR動画をみる限り、ケッコーすごい

目の動きはリアルだし、

眠るとお腹が呼吸のリズムに合わせて膨らむ

が、展示品は

毛皮のカーペットみたいにされていた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トイザラス、マジで楽しいです

懐かしくなるし、逆に進化に驚くこともたくさんでした

暇つぶしに困ったらトイザラス、行ってみてください

ちなみに、女児用人形コーナーを写真撮りながら歩いていると、高確率で不審な目で見られます

「うわ!これ昔家にあったわー!」

を定期的にデカめの声で呟くと、だいぶ不審さが軽減されるので、オススメです。

トイザラス探索にオススメの一曲