無題

得意なことが案外できなかったこと

苦手だと思っていたことが意外とすんなりできてしまうこと

好きなものがそんなに好きではないと気づくこと

嫌いだと思っていたものを、意外とイイかも、と思ってしまうこと

意味のあると思っていた時間が無駄だったこと

思っているよりも必要とされていなかったこと

その度に少しずつ自分を信じられなくなること

その度になんだか視界が遠くなること

逃避行

逃げる先は天国か地獄か

背負うには重すぎて、明かしてしまうには軽すぎる

そんな、喜怒哀楽の怒と哀だけの、いくつもが重なっていく。

逃げたくなる、隠れてしまいたくなる

いっそ、全部消えたらいいのに、見えなくなればいいのに。

そんな、出来もしないこと、ありもしないことを思いながら、現実から目を逸らす。

「悩んでいる自分」「苦しんでいる自分」を盾にして、逃げ出そうとする弱い自分を正当化する。

頭の中は、なるべく今、楽になりたい、それだけで、どこに逃げるかなんて二の次三の次だ。

「大丈夫?病んでる?」なんて聞かれた。ひょっとして心配してほしいだけ?と、そんなことを疑ってもみるものの

きっと心配されたところで「いや、俺は別に、ふつうに生きてるだけのつもりなんすけどね」と突き放すだけだろうと思い、疑いはすぐに晴れる。

過去に思い描いた強い自分、なんでも背負える自分、弱さを隠し通せるという強さをもった自分、そんな設計図

あの日の空想上の存在は、過去のあの日から、一歩も動かず、だんだん遠ざかっていく僕をただ、呆れた顔をして見つめているような気がした

設計ミスだった?いや、手順を間違えた? 物は考えよう捉えようだ、責任の所在だっていくらでもごまかせる それでも、今、弱い自分が、ここに立っているというその事実だけは、どうしようもない事実だ

偉そうに他人同様呼吸をして、それでもなるべく他人に迷惑をかけないように、マナーモードで満員電車に揺られている

そんな自分なのに、結局自分は自分がいちばん可愛くて、なにより自分を守るために、どうせまた懲りもせず、逃げる方法を考える

向き合うべき今に今向き合うこと、誰かのせいにしないこと

そんな簡単なことを忘れて、また逃げる

逃げた先は、天国か、地獄か

コルクボードに貼った目標を、達成できずにまた今日が終わる

他人への失望や絶望の感情は、案外自分の未熟さを隠すための言い訳にしか過ぎないのかもしれない

自販機でコーラを買ったらクリスマス仕様のボトルだった

自販機でコーラを買ったらクリスマス仕様のボトルだった

あとは、すごく月が綺麗だった

星はあんまり見えなかった

言葉にならなくても声は出せる

行く先が決まらなくても歩くことはできる

何も持っていなくても抱き締めることはできる

約束はできないけど決意はできる

永遠はないけど今を繋いでいくことはできる

星が降るとか

誰かと入れ替わるとか

他の何かになるとか

ドラマチックなことは何もなくていい

絵に描いたような特別は別になくていい

夜空は都会の光に呑まれる

ほとんどの星は息を潜めて

僕らは夜空を見上げることを忘れている

それでもなお

ここにいるって、ちゃんといるよって

明るく光り続けるほんのわずかな星たちと

光る自由を奪われた星たちに

何を想う

何を願う

何を探す

誰を重ねる

それがいちばんのトクベツになる

かも

しれない

けどまあ

ひとそれぞれ

だよね

ぼくはそうおもう

きみもそうだといいな

自問不答

人はしばしば、目的を忘れる

動機を忘れる

目の前のことをこなすことのみに必死になることは、悪いことじゃない

ただ、なんでそれに必死になっているか、その根本的な部分を忘れちゃいけない

豚を殺すのは、あくまでも豚を食べるためであって、豚を殺すためじゃない

豚を殺したいがために、豚を殺すのは、極めて動物的(≒非人間的)といえる

人を殺したいと考えるのは、嫉妬、恨み、復讐、それら人間の内側にある感情を解決するためであって、人を殺したいからじゃない

もちろん、なにも背負わないことが一番楽なことを僕は知っているし、多分、それは事実だ

ただ、なにも背負わない人間には、少なくとも他人が価値を見出すことがないということも、多分、紛れも無い事実だ

それに気づかずに、僕は楽をする

背中の荷物をおろす

それを背負って登りきることに意味があることを忘れて

その身1つで登ることに意味はないのに

勘違いしないでほしい

苦労することが偉いとか、頑張れば頑張るほど偉いとか、そんなことを言いたいんじゃない

ただ、そもそもどうして漕ぎ始めたかを忘れちゃいけない、それだけなんだ

目的地に着くために舟を漕ぎ始めたのなら、目的地にたどり着けない限り、いくら楽に、いくら長く漕いでも意味がないんだ

楽をすることは悪いことじゃない

むしろ、積極的に楽をするべきだ

なるべく身軽に、生きるべきだ

ただ、これだけは絶対に手放しちゃいけないというもの、それを見失っちゃいけないんだ

なぜ、どうにかして楽をしてまでも、続けたいのか、生きたいのか

なぜそこまで生きることに意味を魅力を感じているのか

それを背負っているからだ

全部失くしちゃったら

意味なんてないんだ

そんな簡単なこともわからないのなら、死んでしまえ、バカものが